園内紹介

たんぽぽ(年中組)

一学期は、裏庭で沢山遊びました。

  • ダンゴ虫を捕まえてダンゴムシ競争。
  • テントの中でのままごと遊び。
  • おやつ作り。
  • シャボン玉。
  • プール遊び。 etc…

お天気の良い日は外で集まりやお弁当!笑顔溢れる楽しい時間を過ごしました。

ベンチを組み合わせて作った二畳ほどの小上がり。お日様の光で温められたじゅうたんは、まるで干したふかふかのお布団の上みたい。皆でごろごろ…「あ~気持ちいい」心もほっこりしました。

ここでもよくお弁当を食べました。

月に一度の“おやつ作り”は皆が楽しみにしています。メニューは子どもたちと相談して決めます。5月のメニューは、“おせんべい”と“焼きバナナ”(餃子の皮でカットしたバナナとチョコレート一粒を包み焼くと美味しいです。)そして最後は“マシュマロ”を焼いて食べました。「チョット茶色くなると美味しくなるよ!」と声を掛け合いながら真剣に自分のマシュマロを見つめ、トローリ溶けて美味しくなるのを待っていました。一学期は、大好きなバナナとチョコを使用したメニューが続き、大満足の子どもたちでした。

毎日のごっこ遊びの中ではバーベキュー、やきとり、ピザ、おせんべい、パン等を焼いて遊んでいました。そして、遂におやつ作りで本物の“おせんべい”を焼くことになり、大喜びをした子どもたちです。裏庭で七輪を使って焼いたおせんべいには、お醤油を炙った香ばしさが加わり、フーフーしながら大切に食べていた子どもたちです。見に来ていた年少組にも分けてあげました。

保育室のままごとコーナーに布で屋根を作り、保育室でのごっこ遊びは毎日変化しました。船になり、バーベキュー会場になり、猫の家になり、ピクニックの丘になり、魚釣りの海や池になり楽しみました。子どもたちのイメージは広がりました。保育室いっぱいに出した遊具の片付けも頑張る子どもたち。皆で協力し合い、役割分担をしてピカピカの保育室になります。